和室は作らない間取りにしました

|渋谷区で皮膚科へ行こう|梅田で英会話教室ならアトラス|広島市の注文住宅会社なら|| 豊田市で二世帯住宅大津市でZEHの新築を建てる熊本のテクノストラクチャー注文住宅 |

私たちは、結婚が決まり、一緒に暮らす家として、賃貸を借りずに一緒に暮らせるようにということで、入籍をする前から家の検討に入り、そして、入籍をして、そして、家が出来てから一緒に住み始めるという流れて、家を建てる事にしました。

注文住宅でZEHの家を建てる事になったので、土地探し、施工会社探しと別々に行うことになりました。

最初は、土地を探してから施工会社探しかなと思っていたのですが、よくよく調べてみると、先に、建ててもらいたい施工会社を見つけたほうが、自分たちが気に入った土地を見つけたときに、そこに家がどのように建てられるのかというのを事前に確認できるので良いという事を知り、先に自分たちが気に入った施工会社さんを決め、それから、自分たちが気になる土地を見つけるとそこの担当者の人に相談をしたりしていました。

最終的には、自分たちでは決められずに、施工会社さんが紹介してくれた土地を気に入り、そこで家を建ててもらうことにしました。

間取りから何から決められるというのは、楽しいようで、無知な私にとってはとても大変なことでした。

親から、どういう間取りにすると便利か、何があったらいいか、また、必要ないものはどれか、など聞いて、参考にしてみました。

その中で、私たちは、一階のリビングの横の部屋を、和室ではなく洋室にして、引き戸を全開にすると、リビングと隣の部屋が一つの部屋になるような作りにしてみました。

和室があった方が良かったのかなとも思うのですが、実家が、和室だったところをリフォームで洋室のフローリングにしているのを見て、畳よりもフローリングの方が使い勝手がいいのかなと思いました。

畳だと、畳の張替えなども発生してくるので、無知な私にとっては、フローリングにカーペットを敷いているほうが、安心かもしれないと思いました。

後は、外から日差しがしっかりと入る間取りにしてもらい、洗濯物を干す場所も、二階ではなく一階に作ってもらったので、毎日の家事がスムーズにできていて、良かったと思っています。

<PR>
お宝相互リンク英会話教室でオススメショッピングカート童話の世界seo対策オーディオ童話生命保険の選び方クレジットカードの即日発行じゃけんJALカード住宅リフォーム総合情報

コメントを残す